FC2ブログ
2018.1009<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

KALEIDO

Author:KALEIDO
KALEIDO
バレーボール愛好者。

検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) スポンサー広告TOP
春高2回戦
2014/01/06
大会2日目の今日は、2回戦。
シードの各校が満を持して登場する。例年になく2回戦に厳しいカードの揃った今年は、好勝負が続出するはず。

管理人は今日から2014年のお仕事開始。社会人にとって趣味のための休みを取れる日程ではないですよねf^_^; 残念ながら。実の娘が出場するとかならまた別なのでしょうが。

2日目&3日目を会場で観れないのは残念。今日明日で一気に4チームまで絞りこまれる訳で、その過程で沢山の強豪校が今シーズンのバレーを終えることになる。この一年間戦い切った選手たち、特にこれで最後となる3年生たちに、会場の片隅から小さく拍手を送っていたかったなと。完全な自己満足ですが。

*****
自分が注目していたカードについて、順に軽くコメントを。

【大和南-信愛】 2(25-21,17-25,25-23)1
国体3決で死闘を演じたこの2チーム。
下馬評に違わず、熱い勝負を見せてくれました。

古賀と白井の打ち合いは見物でしたね。
そして大和南が最終第3セットで23-19の劣勢を6連続ポイントではね返して勝利したのは圧巻でした。起点となったのは白井の鬼サーブ。ベンチから「古賀を狙うな」という指示は出ていたそうですが、「ここで逃げたらダメだと思って、紗理那を狙いました」(白井)と。あのギリギリの場面で、それも相手チームのタイムアウトに中断されてもなお強いサーブで的確に攻め続けた白井の技術力と度胸に感服。

2人ともまだ2年生ですからね。
それぞれ主将として迎える来季は、さらに高校バレーを熱くしてくれるはず。期待していますよ^^


【金蘭会-誠英】 2(25-23,16-25,22-25)1
前回準優勝した誠英は、シードとして2回戦から出場するも、緒戦で敗退。
総体・国体・春高と3大タイトルのすべてで緒戦敗退となってしまいましたか。個人的に応援していたチームでもあったので、胸が痛みましたね。何にせよ、3年生はお疲れ様でした。大学でバレーを続ける選手は、また大学バレーで応援させていただきます。

金蘭会はカラーが特殊ですね。
得点しても誰一人声を出さずガッツポーズもせず。一切感情を出さずに淡々とプレーを進めて行く。高校でこういうチームはあまり見ませんね。


【成徳-北九州】 2(18-25,25-22,25-20)1
エースの辺野喜選手を大会直前に故障で欠いて今大会に臨むこととなった成徳。直前の皇后杯で格上の大学チームを破るなど好調さを感じさせる北九州。勝負は既についているかと思われましたが、結果は成徳の勝利。

成徳はチーム全員鍛えに鍛えたサーブ力が活きましたね。
北九州が5枚レセプションで対抗してもなおズタズタにしていました。

チーム単位で鍛えたサーブ力は、エース1人分に匹敵するんだなと実感させられました(v_v)


【東龍-松山東雲】2(25-18,25-13)0
総体優勝した東龍は、シード校として本日登場。
余裕をもって緒戦をクリアできたようですね。シード校にとって緒戦は難しいところもあると思いますが。

熊本主将は「初戦なので緊張したが、第2セットからは思い切り打つバレーができた」と満足そうに笑みを浮かべたとのこと。


*****
さて明日は春高の最大の山場とも言える第3日程。


↓よろしければぽちっと☆
2014.01.06(Mon) 高校女子TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。