FC2ブログ
2018.1211<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

KALEIDO

Author:KALEIDO
KALEIDO
バレーボール愛好者。

検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) スポンサー広告TOP
MB1
2013/11/12-17
2013グラチャン。

日本は銅メダルを獲得。
結果だけを見れば、素晴らしい出来のようにも思われます。

ただ一点気になることがありますので、そこを書いておこうかと。

【MB1】
エムビーワン。
MBのポジションに本職サイドの選手を充て、充分な助走のもとに高い打点から強打させるという戦術。


中継でもスコーピオンと共に実況に連呼されていたため、話題となりましたね。

この戦術を眞鍋監督が考えたのは2011W杯の頃だったとか。
確かに当時は井上大友とスタメン候補のMBが相次いで故障離脱するなど、MB不足でピンチな時期でしたからね。サイド選手で代用できないだろうか?という発想が生まれたのも自然な流れです。

ただ気になるのは、『世界でどこもやったことのない戦術』と説明しておられる点。本当にそうでしょうか?ポジションをいじりたおすド変則・怪奇システム・マジカルバレーの類ってむしろ日本の高校女子の監督が好んで考えそうなネタですよね。

大会後、予想はしていましたが高校バレー界や海外バレー界から『別に新しくないじゃないか』という指摘が沢山寄せられています。まぁそうですよね・・

チーム事情でサイドの選手をMBに置くことなど、高校バレーでは本当にごく普通にあることです。またカテゴリが下位になればなるほど、ポジションの分業の進んでいないチームが多くなりますし、MB1どころかMB0のチームもたくさんあるでしょう。

世界でどこもやったことのない新戦術というよりは、ある意味原始的になっただけなのでは?という気が個人的にはしています。

もちろん、ナショナルチームでそれを実行したことには意味があるでしょう。生物の進化も往々にして突然変異の出現によりもたらされるもの。『低いセットをライジングで叩くのがMBの攻撃』という、日本バレー界を永らく支配してきた固定観念から脱する良い機会になるかもしれません。

自分としては、
・本職サイドの選手に高いセットをコート中央から打たせるのは攻撃力UPという点からは良いけれど、センターブロックが問題となる。
⇒センターブロックに長けた本職MBに、充分な助走とジャンプをさせた上で渾身のスパイクを打たせれば解決しますね。
⇒あれ?これってよく考えたらブラジルやセルビアのMBのクイックの打ち方と一緒ですよね??

・・といった流れが今後起きないかと密かに期待しています。

ただ。
眞鍋監督が『世界でどこもやったことのない戦術』と興奮気味に話しておられるのはやはり気になりますね。「原点に返ってバレースタイルを見つめ直す」などと認識しておられるならともかく。もしくは「世界のMBの攻撃に近付けるための最初の一歩」と認識しておられるならともかく。

月バレでも、『まだ大会を総括できていないが』発言。
うーん、いつもですよね^^; 五輪の後もそんなことをおっしゃっていたような記憶が。

『迫田はセンターの経験がない』
いや、高校卒業するまではMBでしたよね。卒業後という前提で話されているのだと信じたい。

今大会銅メダルという結果を残したことを考えても、ロンドン五輪までのそれとはまた別の方向に迷走して行きそうな悪寒がしなくもない・・大丈夫かな^^; 素直に喜べない何かがある。

(まぁ自分は全日本がどんなに迷走しようとも応援し続ける覚悟はありますが。

しかし高校女子で変則システムのチームを見ても、『いいぞいいぞ、どんどんやろうぜ^^』と応援したくなるのに、全日本が変則に走り始めると果てしなく微妙な気分になるのはなぜなんでしょう。そして高校だと『最後まで頑張ればそれでOK(^-^)!』と思うのに、全日本だと『頑張れば良いというものでも、勝てば良いというものでもないのでは?』と思ってしまう。

自分は結局、同じ女子バレーでもカテゴリによって求めるものが違うんだろうなと(v_v)

ついったーTLが歓喜に沸く中、一人もやもやする大会となりました。向こうには空気を読んで書き込まないようにしましたが。

男子グラチャンは5戦全敗の惨敗となりましたが、これを対岸の火事と思っていると、いずれとんでもないことになりそうな気がしますね。世界と同じことができていないという点では、女子も変わらないわけですから。

・・今後どうなるニッポンバレー。

2013.11.17(Sun) 全日本女子TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。