FC2ブログ
2018.1211<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

KALEIDO

Author:KALEIDO
KALEIDO
バレーボール愛好者。

検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) スポンサー広告TOP
東京国体開幕
2013/09/29
東京国体(少年女子の部) in町田総合体育館。

初日の今日はシード校は出場せず。
日程の関係上、初日(日曜)しか観戦できないのが残念で仕方ありませんでしたが、魅力的なチームは結構出ますからね。楽しんで来ないと(^-^)q

【千葉-福島】千葉2(25-21,21-25,25-20)1福島
千葉:柏井単独。
福島:郡山女子大附属などの選抜チーム。

20130929_1

いずれのセットも、柏井が福島選抜に先行を許す形になりました。
柏井は後半追い上げ型になったのでしょうか。そういえば関東予選でも大逆転でセットを取っていたなぁなどと思い出したり。

それでもなんだかんだ勝っちゃうあたり、去年の柏井とは違う種類の強さがあるのかもしれませんね。

それにしても高校バレーの応援歌の中毒性ってなんなんでしょう(+_+)
会場観戦後1週間は脳内を無限ループすることになる。

♪行けー千葉県。このー勝負。
おい!おい!おおおい!
おい!おい!おおおい!
(柏井応援歌)



【京都-岡山】京都2(25-23,25-22)0岡山
京都:京都橘の単独。
岡山:理大附属&就実の2校選抜。

20130929_2

ちなみに岡山理大附属の川畑夏希選手は岡山シーガルズ・川畑愛希選手の妹さんとのこと。そういえばなんとなく打ち方も似てる気がしますね^^

20130929_3

京都橘OGの中屋夏澄さん(現日体大)が母校の応援に来ておられました。
どんな気持ちで後輩さんたちを見てたんでしょう。

20130929_4

京都橘はリベロの選手がオーバーハンドでセットアップしていたのが印象的。ライトへオーバーハンドで上げたハイセットの軌道が美しくて泣けました。セッター以外の選手が皆あれだけセットアップに長けていると、流れるようなバレーが楽しめますね。

リベロのセカンドセッター化が実現しているチームって、高校女子だと今のところ東龍と京都橘の2校だけでしょうか。


【長崎-岐阜】長崎2(25-12,25-19)0岐阜
長崎:九文の単独。
岐阜:岐阜商業主体の選抜。

九文は#6田中が出ていました。

20130929_5

膝はもう癒えたのか?と見ていて心配してしまいましたが・・
春高の頃よりも打点が下がった気がしますし。
活躍してくれればうれしいですが、無理はしないでほしいな(>_<)と。

結果は岐阜を寄せ付けることもなく勝利。
今年の九文は県大会でも危なっかしい試合が多くて見ていて冷や冷やしていましたが、なんだかんだ総体にも国体にも無事に出られたわけで。底力というやつですね。


【宮城-埼玉】
宮城:古川学園の単独。
埼玉:細田主体の3校選抜。

古学は浜田・中條あたりが注目選手でしょうか。
つい最近まで高校女子バレーでは東龍古川の2強時代が長く続いていたのに、最近目立たなくなっている古川。復活してほしいものだなと。君らが強くないと高校バレーが面白くないのよ。

20130929_6

試合前練習では、ラリー中乱れた場面を想定しての攻撃パターンを順に試していました。ダイブして上げたボールをとっさにミドルやライトに上げたり、ミドルがバックセットでレフトに上げたり。面白かったですね。

ホイッスル!
宮城古学の応援団は声が野太くてビビる。笑
この日の町田会場では少年男子の試合も並行して実施されており、先に試合の終わった男子宮城の応援団(男子高校生の一団)がヘルプに来てくれたのでしょうね。

古川vs細田。
古川の勝利を予想していた方が多かったのではないでしょうか。

これが予想外にも、凄まじい死闘になりました。
会場の他の試合がすべて終了していたことから、会場中の視線を集めていました。観客がこのコートサイドに集まるせいで試合内容を見るのに苦労しましたね。

最終第3セット。
17-11と、この試合初めて大幅に宮城がリード。やっとエンジンが掛かったか、このまま逃げ切るのかと直感した矢先に、埼玉の猛反撃がスタート。

なんとここから埼玉のエースが鬼のように前衛レフトから打ちまくり、
18-23まで持って行きました。何連続ポイントしたの^^;

ここから意地を見せたのは古川。
18-23から24-23と怒濤の6連続ポイントを上げ、先にマッチポイントを取る。

古川の大逆転勝利となるのかと思いきや、ここで渾身のレフトクロスを決め、ジュース24-24に持ち込む埼玉。もう会場のボルテージがやばかったですね。

そしてその後も2連続ポイントを決めた埼玉
フルセット24-26で埼玉勝利。

これぞ高校バレーという凄まじい試合展開に震えが止まりませんでした。両チームの敢闘に拍手。

埼玉に関しては、セッターの優秀さに驚きました。こんな選手がいたのかと。
MBへのセットは少なかったし技巧派ではないのかもしれませんが、前衛レフトへのセットが丁寧で美しいのなんの。ファイナルセット終盤になってもレフトエースに伸びのあるセットを供給し続け、その頂点で渾身のスパイクを打たせていました。

この勝負を分けたのはその差かなと感じました。
最後は両チーム、レフトの壮絶な打ち合いとなったわけですが。

埼玉はこの分だと、明日の大阪府(金蘭会)との試合でも善戦するのではないかと予想。
レフトの打ち合いでガップリ四つに持ち込めれば、いい勝負になるのではないかと。

******
さて、初日終了。
明日シードの各校が登場し、一気に四強まで決まることになる。


↓よろしければぽちっと☆
2013.09.29(Sun) 高校女子TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。