FC2ブログ
2018.1211<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

KALEIDO

Author:KALEIDO
KALEIDO
バレーボール愛好者。

検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) スポンサー広告TOP
総体観戦記3
2013/07/31
決勝トーナメント2日目。
今日は久留米スポーツセンター体育館&みづま総合体育館の2会場で、3回戦&4回戦。一気に四強まで決定する。

20130730_1

九州ファンの自分は迷わずトーナメント左側の行われるスポーツセンター体育館にずっといました。今大会使用体育館の中で唯一冷房の効くきちんとした体育館だったため、快適でしたね。

今日の東龍は、3回戦の岡山理大附属に足をすくわれないことが重要ですね。ほとんど対戦実績のないチームですから、注意は必要。そこをつつがなくクリアすれば、今季の対戦実績から言っても北九州戦で負けることはないでしょう。4強入りはほぼ確実だと思うけど、油断なく決めてほしい。

【東九州龍谷-岡山理大附属】B1
この試合では、レッドドラゴン応援席にお邪魔しました。ハッピまで貸していただいてしまって。図々しかったらどうしよう(>_<)と心配になりつつ、幸せでしたね。応援団の皆さんと一緒に声の限りに応援させていただきました。

春高のときの3倍くらいの大応援団で、胸が熱くなりました。春高は東京開催なので、東龍に限らず地方のチームは応援団が少なくて正直寂しいですからね・・無理をしてでも九州まで来て良かったな♪と。

東龍はチームカラーが昨年度までとは大幅に変わりましたね。
2代前の某熱血キャプテンを除き、クールで落ち着いた雰囲気の選手の多いチームだったのに、今年は1点取るごとに全員ガッツポーズ、雄叫び・・鍋谷ばりのファイター揃いになっていました。

20130731_2
まぁ何人かは鍋谷を通り越してゴッツ石島になっていましたが(笑)
この凄まじい気迫は、今大会に懸ける強い想いの現れでしょう。

20130731_3
味方サーブを待つ間の手つなぎ体勢も東龍ならではですね。

東龍2(25-22,25-18)0岡山理大

<戦評>
東龍はこの試合、強引に勝ちはしましたが、少々不安の残る内容でした。

(第1セット)
相手のブロックが極端なレフトデディケートで、東龍の前衛レフトに常にきっちりブロック2枚揃えてきていました。(3人のブロッカーが相手のレフト打ちに対して寄って構えるブロックシフト)
それなのにセッター比金はなぜ前衛レフトにばかり平行を上げるのだろうと。熊本高倉のレフト2人とも、なかなかスパイクが通っていませんでした。クロス側に抜けたコースにはきっちりレシーバーが入っていて正面で拾われる。ライト・ミドルからの打数が少なすぎるのですよね。

実はこれは、2012春高3回戦で京都橘に負けたときと同じパターンです。あの時も相手ブロックのレフトデディケートに対応しきれず抑え込まれて負けています。なので、見ていて冷や冷やしましたね。相当研究してきていることは間違いない。

逆に岡山理大は攻撃がレフトに偏らずあちこちから打ってくるため、ブロック1枚で打たれて決められるシーンが多くありました。中盤には逆転される場面も。それでも強引に第1セットを取りました。

(第2セット)
比金がなんとかレフト以外にあげようと腐心していましたが、MBとOPがなかなか冴えない。セット中盤から熊本が、それまで封印していた中央への切り込み&ターン打ちを使い始める。これに岡山理大が対応できなかったため、そこから突き放してセットを取ることに成功&勝利。

熊本はまだギアが入っていない印象。九州大会での、打てば決まる無双状態の熊本を知っているだけにそう感じます。この試合ではストレートを塞がれてブロックアウトを封じられ、インナーは拾われ・・という状態で、決定率はかなり低かったと思います。そしてパイプは封印継続。良いの打てるのは分かってるんだけど、なぜ使わないんでしょうね。レフトバレーをやるのなら(というかMB・OPが火力不足である以上、そうせざるを得ない)、エースの熊本が覚醒しないことには優勝はできないでしょう。頑張ってほしい。

ここまでに書いたような内容が修正できなければ、おそらく北九州戦の次の文京戦あたりで厳しくなりそうな予感がします。大丈夫だと良いのですが。


【北九州-高松商】B2
北九州は開催地福岡県の代表校。地元の大応援団が駆けつけていました。今大会参加チームでどこよりも人数の多い応援団で、大迫力でした。(その分、自分は席は追われることになったわけですが笑・・得点表示さえ見えないような席に追いやられたので、雰囲気だけで観戦を楽しむことに)

20130731_4
北九・大応援団

せっかくなので、自分も会場と一体になって北九を全力で応援してきました。
テンション上がりましたね笑

♪北九!北九!
はい!はい!はいはいはいはい!


20130731_5
北九エース・坂本奈々香選手

行けよ坂本。
伊達に世界ユースを辞退したんじゃないってところを見せてやれ。

北九が第2セットを取り返したときの会場は、屋根が飛ぶかと思いました。
そして最終第3セットも北九が連取し、北九の4回戦進出決定。

北九州2(22-25,29-27,25-19)1高松商
北九おめ高松おつ。

しかし、北九も高松もバレーのシステム的には洗練されてはいなかったかもしれませんね。ブロックとディグの連携もできていないし、攻撃も守備も完全に個人技。

北九州はフロントオーダー&5枚レセプションですからね。高校女子では3枚レセプションのチームはおそらく東龍だけで、上位争いをするチームのほとんどは4枚レセプション。その中で5人W型レセプションを見るとやはり、イケてるとは言い難いですね。駒揃いは素晴らしいだけに、なんかもどかしいチーム。


【東龍-北九】B3
さぁ待ちに待ちたる九州対決in九州。
今季3度の九州大会では決勝カードがすべて東龍北九戦、そしてそのすべてで東龍が北九を完璧に下している。インターハイ4回戦ではどちらが勝つのだろうか。順当に東龍か、はたまた地元福岡の大声援を受ける北九か。

20130731_7

試合前練習の段階から会場のボルテージが高くて心臓ばくばくでしたね。

北九州は午後は黒ユニだったので驚きました。九州大会決勝では常に東龍と原色レッド対決だったから、意識してずらしてきたのか。東龍は赤ユニのまま。昨日も赤だったので、今日はサブカラーの白でくるかと思ったのですが。これは赤ユニの矜持でしょうか?

東龍2(25-13,25-21)0北九
東龍4強決定おめ北九おつ。
20130731_6

試合内容的には一方的でしたけど、それでも九州対決in九州は最高に熱くてβエンドルフィンどばどばでした。両サイドからの応援大合戦の前での勝負。レッドドラゴン応援席を見ると、ちびっこたちまで大勢東龍ハッピを着て一生懸命応援していて微笑ましかったです。地元開催って本当にすばらしい♪

北九州戦は岡山理大戦よりもあっさり勝ちましたね。今の東龍は個人技のチームに負けることはない気がします。

Bコートの試合はすべて終わりましたが、この時点でAコート第3試合の文京金沢商戦がまだ続いていたので、それを見てから帰ることにしました。


【文京-金沢商】A3
自分がこの試合を見始めたときは、ちょうど金沢商が第1セットを先取し、第2セットが開始したタイミングでした。

20130731_8_1

第2第3セットは文京が連取し、4強決定を決める。
文京2(24-26,25-16,25-23)1金沢商

文京は本当に素晴らしいチームですね。観ていてため息がつきたりませんでした。でもいつからこんなにいいバレーをするようになったんでしょう。去年までも都大会はちょくちょく観に行ってましたが、こういう感動はなかったのに。今季から明らかにバレーの質が変わった気がする。

20130731_9

文京について感じた点を列挙してみます。
■リードブロック&トータルディフェンス
この2日間、そして東京にいるときも関東大会や都大会・神奈川大会でかなりの数の高校チームを見てきましたけど、ブロックワンタッチを戦略的に有効に使えているチームは文京だけな気がします。ブロックはドシャットを狙わなくてもワンタッチで引っ掛けて自分たちの攻撃につなげればそれでOK、ブロックとディグの連携がきちんとしてればブロックを抜けたスパイクも派手なフライングをせずとも正面で上げられる。高校女子でそれがこれだけ完成度高く出来ているチームは初めて見た気がするのです。
■もしや1stテンポ?
攻撃面に関して、サイドもミドルも1stテンポを意識している気が。
(1stテンポ:パスがセッターの手に返る前から、スパイカーがネットに向かってダダダッと助走をし、セットアップと同じタイミングで踏切り、ジャンプの頂点で腕を伸ばして強打するスパイクの打ち方。海外男子の選手はこれで打つのが基本。セットアップからスパイクヒットまでの時間がタイミング的に短いため、ブロックの完成前にブロックの上から打つことが容易になる。渾身のスパイクを打つという意味ではオープンと共通するが、ばっちり2枚ブロックが揃えられてしまうオープンとは完全に別物)
そして、試合中もレフトとミドルが同時に(1stテンポ)別のスロットで助走に入るシーンが何回もありました。もしかしてシンクロチャージを目指しているのかな。もしそうだとしたら高校女子バレーとして画期的いや革命的なんですが・・
■主力の不在
同時期開催の世界ユースに田原柳田という主力を派遣しているのが文京。それでも、素晴らしい組織バレーを見せてくれました。正セッターとエースを欠いてこの出来とは信じられないほどのクオリティ。WS3人は全員高い打点から伸び伸びと渾身のスパイクを叩き込んでいましたし、この大会でセットアップしていた西田も実に丁寧で打ちやすそうなトスをスパイカーに供給していました。いいセッターでしたね。トスがぶれてスパイカーがかぶることはたまにありましたが、よそのチームなら余裕で正セッターを務められるであろう選手だと感じました。
■タイムアウトでの指示
しかも文京は監督がタイムアウト中にごくテクニカルで的確な指示を出しているのは遠目にも見て取れるのです。高校バレーの監督ってこういうときは喝を入れるかドヤすかの人がほとんどなのに。「短いTOの時間内に情報を詰め込んで伝えているな」とかジェスチャーやTO前後でのプレーの変化から「ああ今やっぱりブロックの位置取りの修正を指示したな」とかなんとなく分かるのですよね。こういう監督がもっと増えるといいなと。

なんで私は九州まで来て地元東京のチームに感動しているんだとは思いましたが(笑)

今後の文京は間違いなく要注目チームです。
文京なら地元なので容易に観に行けるので、うれしいですね♪
今まで、地元に興味の持てるチームがないというのが悩みだったので。

*****
明日は遂に最終日。準決勝&決勝。
四強に九州チームが2チーム入ったのはうれしい。

Twitterの自分のアカウントは、いろんな学校の関係者からフォローしていただいているので、どのチームが自分の本命かということは今までできるだけぼかして書いていました。実は、それが内心苦しかった・・(>_<。

でも、自分が今回無理をしてまで東京から飛んできたのは。
レッドドラゴンの日本一奪還の瞬間in九州に、どうしても立ち会いたかったから。

気持ちに嘘はつけません。明日はレッドドラゴンを応援させてください。


↓よろしければぽちっと☆
2013.07.31(Wed) 高校女子TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。