FC2ブログ
2018.0807<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

KALEIDO

Author:KALEIDO
KALEIDO
バレーボール愛好者。

検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) スポンサー広告TOP
有終アメリカ戦
日本 3(29-27,25-23,25-18)0 USA

<スタメン>
江畑 山口 岩坂
荒木 竹下 木村 L佐野

ブラジル・ドイツ戦と同じくS6スタート。OPスタメンを山口とした試合では徹底してS1を避けるというコンセプトでしょうね。

いや、もうこの際そんなゴタクはどうでもいい。


11-11-18

夢を見せてくれてありがとう!!
君たちのバレーはこんなにも美しい!!


(←三宅ポエム風味w)

全日本女子、世界ランク1位2位の優勝候補ブラジルアメリカをともにストレートで下しての4位入賞は立派。金メダルを狙う資格の充分にあるチームと言えましょう。セルビアに負けて3敗したときは思わず天を仰いだけど、そこからまさかの5連勝。やってくれるじゃん。君らまじ最高過ぎるんだよ(>_<。

W杯4位という成績は、1989年大会以来の実に22年ぶり。
五輪切符が先延ばしになったのはもはやご愛嬌だな。実に爽やかなラストでした。

同日Aサイト第二試合ドイツ対中国でドイツがストレート負けしたため、試合が始まる前にメダルが絶たれたことを知った日本。日本に2セット以上取られればW杯初優勝を逃すことが確定した米国。モチベーションに大きな差があるのではないか、熱い試合が見られなくなるのではないかと危惧されました。

しかし試合前の真鍋監督の「(メダル獲得が確定する)五輪の準決勝だと思ってやりなさい」との鼓舞が選手を発奮させたのですね。全日本の最終目標を意識させることで、気は抜けず腰も引かずの素晴らしい熱い試合を展開することができたわけです。名将っ!

結局日本は木村江畑さえ覚醒していればどんな相手にも勝てるということですね。あの天才2人の野性の得点本能を損なわないようなトス回し+センター/ライトの得点力にテコ入れ⇒これで金メダルが取れますから。2011全日本は超高速バレーの名のもとに、いたずらにトススピードにこだわることで自滅する2009の二の舞になるのかと危惧していたのですが、最後の最後での修正能力は見事なものでしたね。WSと真鍋監督の間を取り持った竹下GJ。苦しい場面をMB・OPで切れないのが他の列強とのいちばんの差だと思いますが、それもラリー中のバックアタックの活用で大分補えていました。素晴らしい。

しかしそれにしても、アメリカのブロックの上から打ち込んでくるスパイクをなんであんなに拾いまくれたんでしょうね(・_・;) みんな集中力凄すぎ。


******
<今朝の特番>
1時間の延長スペシャル。荒木木村竹下佐野江畑岩坂新鍋の生出演。

岩坂新鍋って乙女系ですよねー。あんどコメントスキルに関しては、若いころの木村と同レベル。サクサク答えられない岩坂は関根に『朝ごはん食べてきた?』と聞かれて『はい』と。素直すぎ(爆)おちょくられてることにも気づかぬかーかわゆすw

荒木が声かれてるw 問われて『吠えすぎました』笑
その後、『吠えまくるキャプテン鉄腕エリカ』と題して荒木の吠えるシーンのセレクト。吠える、吠える、吠える荒木。
しかも「フジテレビの誇る超スロー再生の技術をごらんください」とて、吠えるシーンのスロー再生まで見れちゃったしwごちそうさま。自分はやっぱり誰がなんと言おうと荒木好きです、はい。会場で観た時も、荒木が吠えるときは会場全体めっちゃ盛り上がって楽しかったですね。

なんだかんだ言いつつ今年の荒木はキャプテンの重責をまっとうしたと思います。

ただ、荒木咆哮劇場のあと関根が竹下に『得点決めてもクールにしてたりするより、あれだけ熱いリアクションしてくれた方がチームも盛り上がりますよね?』と問うたのに対し、思いっきりわざとらしく、『そうですね。面白いですよね』(会場爆笑)

そういう意味で、あの生出演メンバーの中でまともに会話についていけてるのは竹下だけでしたね。もっとサクサク話せる若手とか出てこないかなぁ。舞子なんかは芸人ノリの会話にもついていけるのでしょうが、いかんせん今回は不完全燃焼でしたからね。呼んでもらえなかったのは仕方ない。

ただ、舞子に関してこれだけは言わせてください。
米国戦、マッチポイントを決めたのは木村でした。でもその木村に最高に綺麗な二段トスを上げたのは舞子だったんですよ!うれしかったなー(T_T) 大金星をあげた大会最後の瞬間に舞子がコートの中で歓喜を分かつことができたというのが、我が事のようにうれしかったです。去年は世バレ銅メダル獲得の2日前にイタリアに旅立ち、歴史的瞬間に立ち会うことすらできなかった舞子が個人的に不憫でなりませんでしたから。良かったね舞子(/_;) (はい、バカオタの戯言は以上w)

しかし5月から半年間追いかけてきた2011全日本も昨日で解散。USA戦の第3セット終盤は名残惜しくてテレビを見ながら涙が止まらなかった。

愛してます、バレー全日本。
世界中の何よりも。


******
Twitter登録しました。
@KaleidoSpike
で検索していただければ出てきます。がんがんフォローしちゃってください(o^-')b

現在時間の余裕がないのでしばらく更新頻度は下がるかもしれませんが、今後もブログは続けていく予定ですので、よろしくお願いします。

2011.11.19(Sat) 全日本女子TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。