FC2ブログ
2018.1009<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

KALEIDO

Author:KALEIDO
KALEIDO
バレーボール愛好者。

検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) スポンサー広告TOP
中国戦
中国3(20-25,25-19,20-25,25-23,15-13)2日本

<スタメン>
新鍋 岩坂 木村
江畑 荒木 竹下 L佐野


管理人、岩坂に1つ言いたいことがあります(v_v)

今までごめんねっ!!
見直したよっ(;_;)!!

自分は岩坂に関しては高校時代から見てますけど、正直国際試合でまともな動きのできるMBになるとは全く思えずに来ました。身長指高からずっと期待されてましたけど、あの動きのもっさり感は・・と自分はあまり評価できなかったのです。

しかし今日よく頑張りましたね、本当に。元々体格には恵まれてる訳で、大舞台で追い詰められた環境と本人の頑張り次第で化ける可能性は秘めてたのですね。

岩坂らしからぬスパイクレシーブも出たりしましたね。涙が出そうになってしまった。外野が勝手に選手の能力を値踏みしちゃダメでしたね。確変おめでとう岩坂。今大会の残りの試合でも、得られるものを最大限に得てさらに成長してください。

中国戦について考えてたこと。(⇒昨日の記事参照)
ゆえに今日のスタメンを知った時は心配になりました。しかし上述のように岩坂に関しては自分の予想を上回るパフォーマンスを見せてくれたのでそこは問題ありませんでしたね。

新鍋江畑の起用も前半だけ見れば結果オーライのようにも思われます。特に新鍋は初の大舞台でよくやってると思います。

ただ。やっぱり管理人としては今日は狩野迫田のスタメンを試してほしかった。新鍋はレリーフとしても充分使える駒だと思います。

監督は狩野を完全に2枚替要員として固定してしまうつもりなのでしょうか? 故障の癒え切らぬ去年の栗原とは違って、今年の狩野はフル出場に耐えるコンディションの選手。2枚替専門にしてしまうのは正直もったいなさ過ぎる。今日だって第1セットのセットポイントをはじめ、出た場面では良い仕事をしていたし、スパイクもよく切れていたのに。

迫田については、監督は『江畑迫田ニコイチの原則』を忘れてしまったのでしょうか?? 6月のモントルー決勝では試合の序盤に不調の江畑をそうそうに下げて迫田を入れて中国を圧倒して優勝しました。あの頃の采配の切れ味はどうして失われたのでしょう?まだ3試合とは言え、今大会の真鍋監督はどうも采配が硬直気味な気がしてしまう。

江畑は前衛のスパイク決定力に関しては素晴らしいものがありますが、短所としてはスタミナに乏しくガス欠しやすいこと&波が激しい&ブロックがどんまい、などが挙げる選手。やはり今日もブロックが満足に対応できてなかったわけで、試合後半にスパイク決定率が落ちてきた段階でメリットなしと判断して下げるべきでした。

新鍋と江畑のブロックスイッチをさせていましたが、サイドの中でブロックワーストワンツーの2人なのに大した意味はないですよね。そんな小手先なことを考えるくらいなら、適時の選手交代の方を優先してほしい。

新鍋江畑のスタメン起用自体は結果オーライかもしれませんが、フルセットまで持ち込まれスパイク決定率が下がるなど選手の疲労が目立っていたのにどうして選手交代に踏み切らなかったのでしょう?世界バレー初戦ポーランド戦のように、新鍋⇒狩野/江畑⇒迫田とドラスティックに同時に2人サイドを替えることができればだいぶ面白かったと思いますね。例えば第5セット開始のタイミングで。僅差でマッチポイントを取られてからの2枚替は緊張感からリスクが高すぎると思います。

今日はセンター線も及第点だったし、イタリア戦以上に采配次第で充分に勝てたゲームだったと思います。悔しいですね(>_<) 世バレのポーランド戦で会場観戦した自分の度胆を抜いてくれたようなキレキレで鮮やかな采配を見せてくれる真鍋監督は・・ちょっと雲隠れ中ですかね?


<今後の展望>
ブラジル/ドイツ/アメリカには残念ですけど、勝つのは物理的に無理でしょう。あとはアルジェ/ドミニカ/韓国/ケニアには勝てるとして、セルビアに頑張って勝つことができれば6勝5敗。

セルビア戦はどうでしょうね・・ ガチメンのセルビアなら勝ち目はなかったでしょうが、今大会のセルビアはオグニェノビッチ/ニコリッチ/マラグルスキ/ブラコチェビッチと主力選手が大量に故障離脱という日本よりも怪我に泣いている状態。ほぼ2軍のセルビアなので、勝つチャンス自体はあると思います。あとは09グラチャンみたくドミニカに足をすくわれないように心して臨むこと。

6勝5敗できればおそらくは6位、運が良ければ5位といったところでしょうか。過去最低成績の7位で惨敗と叩かれた2007W杯とは違ってぎりぎり形にすることができると思います。

6月のモントルーやドイツ遠征でのアゲアゲっぷりを思い起こせば正直寂しいですが、仕方ありませんね。5月にはOQT(ロンドン五輪最終予選)が控えてますから、その意味でも消化試合と思わずにチーム力アップのため得られるものは得ておいてほしいと思います。


<余談>
試合後インタビューで新鍋が号泣していましたね。結構活躍したのに『・・でも勝たなきゃ意味がないので』と。本当に悔しそうだった。

変な話ですが、自分は初めて新鍋に好感を覚えましたね。今までは常にフワフワニコニコで可愛い、という確変前の木村みたいな子なんだなと思っていたのですが。負けず嫌いの女の子ってイイですよね。私は好きです。応援したくなる。この負けを糧に、また1つ強くなってください☆

2011.11.06(Sun) 全日本女子TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。